香りでダイエット

「香りで痩せる」のなら、一日中嗅いでいれば激痩せするの!?
って残念ながらそれはありません。
しかし、上手に活用することで、綺麗に痩せるお手伝いは出来るのです。
「香りで痩せる」というお話は、大手化粧品メーカーの提案で、
いまや常識にまでなりつつあります。
そんな中、それを題材として取り上げたテレビ番組で、
「グレープフルーツの香りを寝ている時に嗅いでいれば、
次の日には痩せているってことなのか」と。
しかし、これは間違った解釈なのです。
グレープフルーツの香りが痩せるとされているのは、
交感神経を活発にしてくれる作用が期待されているからで、
寝ている間まで交感神経を刺激していると、
それこそ生活のリズムが崩れ、体調まで壊してしまいかねます。
そう、グレープフルーツでダイエットというのは、
ベースに“自律神経のバランスを整える”という意味合いが大きく含まれているのです。
ちなみに、同番組で「ラベンダーは太る」なんて報道がありましたが、
これも副交感神経、つまり安らぎの神経を活性化させてくれるので、
強いリラックス効果が得られるだけのこと。
だから「嗅いだら太る」なんていうことはないので、ご安心を。
さて、自律神経を整えるということがダイエットにどのように関係するのか、
また、自律神経とはそもそも何なのか軽く説明します。
自律神経とは、意思とは無関係に体の機能を調節する神経で、二つの神経があります。
日中に活発に分泌、空腹感を感じにくく、活発な『交感神経』。
夕方頃から活発に分泌、脂肪を溜め込もうとする、安静な『副交感神経』。
例えば、食事後すぐって眠気を感じるのは、胃が満腹を感じ、
消化を始めた時に分泌されているのが副交感神経。
反対に、食後3時間後ぐらいになると、集中力も出てきて来ることがありますが、
これは交感神経が活発になっているから、活動的で元気な状態なのです。
つまりは、健全な食生活を心がけておくこと。
これが重要なのです。

最近は福岡 アロマ 高収入のナナーラで働いてみたいけど、
体型が…って女性の方、今すぐ改善してみましょう。
とくにアロマ店で働くエステシャンは体型に気を使わないと!!
食事制限ではなく、バランスのいい食事を良く噛んでみるだけで、
ずいぶんと違います。
そこに上記の香りが追加されると、さらに効果的です。
焦らず、じっくりとしてみましょう。