絶望チャット

ある一人の青年が居ました。
その青年は来る日も来る日も
チャットに通い続け会話をしていたのです。
その青年のお目当ては勿論女の子。
その女の子は20歳で
顔も可愛いと自分で言っていて
青年は期待に胸を膨らませていました。
その女性と頑張って話し続けるうちに
青年もいつしかその女の子と会いたくなり、
ついにはチャットから現実で会う約束にまで
取り付けたのです。
青年は期待で胸がいっぱいです。
彼女に会ったら何を話そう?
どんだけ可愛い女の子なんだろう?
そしてドキドキしていた青年の前に
女の子が現れました。
その女の子は明らかに20歳よりは10個は上
明らかに30代です。
それに綺麗とはお世辞にも言えない
冴えない見た目。
青年は絶望しました。
青年の思い描いていた女の子の妄想とは
あまりにもかけ離れていたのです。
うわあああああ!!!
青年はあまりにも絶望してしまい家に帰ると
親に今日起こった事を話した後に
あまりの悲しみに首を吊って
自殺をしてしまいました。
チャットとはそういった自分の理想が
無限に膨らんでしまうから本当に危険ですね。
それにその女の子には何の罪も無いし
理想を描き続けたその青年が悪いのでしょう。
だけど、この青年の気持ちは
チャットをした人なら分かる部分もあるのでは
ないでしょうか?
どうしても自分の都合の良いように
考えてしまいますからね。
男って生き物は。
チャットで絶望する前に高知デリヘル ディーバ
自分好みの女性とにゃんにゃんしていれば・・・
また違った結末もあったのではないでしょうか?
それだけに残念な気持ちで胸がいっぱいです。
その青年のご冥福をお祈りいたします。